介護事業立ち上げガイド

訪問看護の加算

1単位単価: 1級地(11.26円)、2級地(11.05円)、3級地(10.84円)、
      4級地(10.70円)、5級地(10.42円)、6級地(10.21円)、その他(10.00円)

 

 

ステーション

 

 20分未満 316
 30分未満 472
 30〜60分未満 830
 60〜90分未満 1138

 

 緊急時訪問看護加算 24時間連絡体制
 長時間訪問看護加算 300/回

 

病医院

 

 20分未満 255
 30分未満 381
 30〜60分未満 550
 60〜90分未満 811

 

 緊急時訪問看護加算 540/回
 長時間訪問看護加算 300/回

 

夜間・早朝

 

 18〜22時の間、6〜8時の間 25%加算

 

 緊急時訪問看護加算 24時間連絡体制外 1290/日
 長時間訪問看護加算 特別管理加算対象に90分以上

 

深夜加算

 

 22時以降6時までの間 50%加算

 

 緊急時訪問看護加算 24時間連絡体制外 1290/日
 長時間訪問看護加算 特別管理加算対象に90分以上

 

* 改定

 

理学療法士等による訪問看護費 1回当たり20分 316単位/回

 

一日2回を超えて訪問介護を行う場合は、10%減算(週間に6回を限度)

 

* 改定

 

ターミナルケア加算 2000単位/死亡月(単位数は変更なし)

 

死亡日および死亡日前の14日以内に2日以上ターミナルケアを行った場合。
(死亡日および死亡日前14日以内に医療保険による訪問看護の提供を受けている場合は、1日以上)

 

* 新設

 

退院時共同指導加算 600単位/回

 

病院や診療所、介護老人保健施設に入院中、もしくは入所中の者に対して、
主治医等と連携して在宅生活における必要な指導を行い、
その内容を文書により提出した場合。

 

退院または退所後の初回の訪問看護の際に1回。
(特別な管理を必要とする人に対して行った場合は2回)

 

* 新設

 

初回加算 300単位/月

 

新規に訪問看護計画書を作成した利用者に対して訪問看護を提供した場合。

 

初回の退院時に共同指導加算を算定する場合は算定できません。

 

* 新設

 

看護・介護職員連携強化加算 250単位/月

 

訪問看護事業所と連携し、痰の吸引等が必要な利用者に係る計画の作成や、
訪問介護職員に対する助言を行った場合。

 

* 変更

 

特別管理加算の変更 T→一ヶ月500単位 U→一ヶ月250単位

 

Tは、在宅悪性腫瘍指導管理、在宅気管切開患者指導管理
(気管カニューレ、ドレーンチューブ、留置カテーテルの状態)

 

Uは、診療報酬で在宅の特別な管理指導(腹膜灌流、血液透析、在宅酸素、
人工肛門、人工膀胱などの状態。真皮までの褥瘡、週に3回以上点滴が必要な状態。)

 

* 新設

 

定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する加算

 

定期巡回・随時対応サービス連携型訪問看護 2920単位/月

 

要介護5の者に訪問看護を行う場合の加算 800単位/月

施設系の加算

小規模多機能居宅介護

 

施設系は専門職と経験・常勤率で加算があります。

 

研修実施(1) 介護福祉士40%配置:1人500単位
    (2) 3年以上勤務経験30%配置:350単位
    (3) 常勤職員60%配置:350単位

 

認知GH・地域密着特養・3施設・2ショートステイ

 

(1) 介護福祉士50%配置:1日12単位
(2) 3年以上勤続経験30%配置:1日6単位
(3) 常勤職員75%配置:1日6単位